【水曜日のネコ】ベルジャンホワイトの飲みやすい系クラフトビール

近くのスーパーでヤッホーブルーイングのクラフトビールをまとめ買い!

というわけで、今回は水曜日のネコというクラフトビールを紹介します。この水曜日のネコも見た事ある人多いんじゃないでしょうか。酒屋さんやスーパー、コンビニでも売ってますね。

こちらのクラフトビールは「よなよなエール」と同じ醸造所のヤッホーブルーイングで作られています。

今日も勝手にレビューをしていきたいと思います。

 

水曜日のネコ

名称水曜日のネコ
スタイルベルジャンホワイト
色味薄い・ホワイト
アルコール度数5%
日本

 

こちらの水曜日のネコはクラフトビールだけどクラフトビールらしくないというか、パンチが弱めな味。色も薄いので、なんとなく想像通りの薄さ加減でした。

味のパンチが弱く感じるのはホップの苦みがかなり抑えられているから。薄味のビールという感じです。

薄いという表現が正しいのかわかりませんが汗

良く言うと、あまりビールを飲み慣れていない女性の方にも飲みやすい爽やか系の味になっていると思います。

私は味に関しては少し物足りなさを感じました。

 

しかし一方で香り、アロマは強く感じます。青りんごのような香りと表現されています。

これは副原料として、コリアンダーオレンジピールが使われているためです。この副原料の作用で普通のビールにはない香りをものすごく感じることができます。

ほのかな酸味を感じることができるので、香りと相まってより青りんご、オレンジの風味を感じさせます。

 

ビールのスタイルはベルジャンホワイトというベルギー生まれのビールスタイルです。

ベルジャンホワイト(ビールスタイル)

ベルジャンホワイトはエールの部分を略して言われることが多いが、正しくはベルジャンホワイトエール

ベルジャン(ベルギー)のホワイト(白い)なエール(上面発酵のビール)という意味。

ベルジャンホワイトはベルギーのヒューガルデンが発症の地。

色味が非常に淡く(ホワイト)、ホップの苦みが非常に弱い。

副原料として《コリアンダー》《オレンジピール》を使用することによって醸し出されている独特の爽やかな香りが特徴。

味についてはビール特有のホップの苦みをほとんど感じさせないので、ビールを普段飲まない方にもオススメされることも多い。ほのかな酸味を感じることができる。

 

全体的にスッキリ爽やか系のクラフトビール、水曜日のネコは女性やビールを普段飲まない方にもおすすめできるクラフトビールです。

ガツンとビールの苦みや味を感じたい方には不向きなビールだと感じました。実際自分の好みにはあまり合わなかったかなーという印象です。

 

(2/5)
香り(3.5/5)
総合評価(3/5)

しかしシチュエーションによってはこの爽やか系の味わいもいいかもしれません。

夏の終わり頃、涼しくなり始めた季節に海辺のカフェやレストランで海の風を感じながら飲みたい。そんなお味です。

そろそろ酔ってきましたので、このへんで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です