【インドの青鬼】ヤッホーブルーイングの飲みやすい系IPAはやっぱり美味かった

ヤッホーブルーイングのクラフトビールをまとめ買い!ということで今回はヤッホーブルーイングのIPA銘柄である「インドの青鬼」を飲んでみようと思います。

インドの青鬼は衝撃が走る苦みということで紹介されていますが、どうなんでしょうか。

スーパーやコンビニなどでも在庫があることが多く、大衆ウケしている感がありますので、そこまでの独特なクセはないんではないかと思っています。

 

では、今回も勝手に「インドの青鬼」についてレビューしていこうと思います。

インドの青鬼

名称インドの青鬼
スタイルインディアペールエール
色味濃い・濃い金色
アルコール度数7%
日本

 

まず缶のデザインがなんとも面白いのがヤッホーブルーイングの特徴でもありますね。

青い缶に鬼の顔?(ですかね?)が描かれています。

なかなか個性的な雰囲気をだしていますね。

 

さっそくグラスに注いでみます。

今回は少し冷やしすぎたせいか、香りは弱めか?

色味は少し濃いゴールドという感じでしょうか。

 

インドの青鬼はインディアペールエールというビールスタイルです。

インディアペールエール

インディアペールエールIPAIndia Pale Ale)と略して書かれることも多い。

18世紀末にインドを植民地にしていたイギリスが現地へ派遣した人へペールエールを送るために作られたビールスタイルであるといわれている。この時、イギリスからインドまで長期間の航海を経てもビールが傷まないようにするため、殺菌効果、防腐効果の高いホップを大量に投入して造られた。

ホップを大量に投入して醸造する為、ホップ独特の苦みが非常に強いのが特徴。また、アルコール度数が高めに作られていることも特徴の1つ。

ビール独特の味であるホップの苦みが強く、ビール好きにとってはビールの美味さを存分に感じることのできるスタイルであるといわれる。

苦さ=美味さと、深いコク、アルコール度数が高いことによるキレを感じさせる人気のビールスタイルである。

 

まず一口目、エールの独特な香りがします。缶を開けた時と同様に強烈な香りではなく心地よく香る程度の香り。

味はインディアペールエールらしいそこそこ強めの苦みと深いコクがあります。アルコール度数が7%と高めなので、キレがあってとても美味い。

 

二口目からは段々とホップの苦みが際立ってきてこれまた美味しいです。ビール好きの方はこの苦みが美味しいと感じるはずです。

予想通り大衆ウケしているだけあって、しっかりとしたインディアペールエールらしい苦みはありつつもかなり飲みやすい系のビールです。

 

しっかりとした美味さと苦み、コクを味わいながらゆっくりと飲むのが良い感じですね。

夜のリラックスタイムにぴったりだと思いました。しかも結構どこでも購入できるというお手軽さもgoodですね。

これは贅沢な夜用にリピートしてしまうかもしれません。

 

ヤッホーブルーイングの「インドの青鬼」は飲みやすい系のインディアペールエール。

やはりこれは美味かったです。

(4/5)
香り(3/5)
総合評価(3.5/5)

 

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

俺的レビュー
平均:  
 0 レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です